ISS滞在の女性宇宙飛行士の家庭生活について

国際的な宇宙ステーションであるISSには、これまでも数多くの女性宇宙飛行士が訪れています。長期滞在者として活動を行ってきた女性宇宙飛行士も多く、日本人女性も滞在歴があり話題を呼んでいるのです。

こういった女性宇宙飛行士はそれぞれ家庭を持つケースも多く、長期的に家を離れるISSでの生活は、家族の協力が不可欠となっています。そのため、これまでは時に家庭を省みない行為というバッシングが生じるケースもあり、マスコミでも取り上げられることが実際多かったのです。ですが昨今では、女性の夢と希望を叶えるスター的な存在というポジティヴな見方が主流となっています。

このような傾向は日本に限ったことではなく、世界の女性宇宙飛行士にとっても大きな悩みです。海外には日本以上に女性の飛行士が多く存在しているため、ISSへ向かうケースも多いと言えます。幼い子供を家庭に残すパターンも少なくなく、家族にとっても大きな決断となっています。

また、ISSに長期的な滞在をする場合には、妊娠や出産の問題もあります。こうしたことから妊娠や出産をタイミングをはかって行うケースが多く、女性にとっては一つの課題となっているのです。宇宙飛行は完全に男女同レベル負担がかかることから、女性側が肉体的な面で不都合を感じることも実際はあるわけです。

女性の飛行士の登場は、確実に世界の女性にも希望やパワーを与えています。今後もさらに女性の割合は増えていくと予想されるのです。