ISSの女性による実験

現在までに多くの宇宙飛行士が宇宙へと飛び立っています。またそこでたくさんの実験を行っています。そのなかで女性もたくさんいますが、男性と同じようにいくつかの実験に参加をしています。ISSでは地球や将来の生活の活用のために研究材料を集めていますが、ここで実際に行われたものに関しては人体生理学の実験があります。これは宇宙船が浅酌隊に与える影響の調査や、無重力で赤血球が破壊される問題の調査となっています。このようにISSでは、女性でも自らの体を使った調査がたくさん行われています。宇宙船の打ち上げ前と帰還した後に血液を採取することで、宇宙船と無重力が人体に及ぼす影響を調べることができます。宇宙に滞在している間人間の体は宇宙船にさらされるようになっています。これにより染色体がいくらかのダメージを受けそれが癌に発展することもあります。このような影響が白血球の一種であるリンパ球に非常に強く表れるようになっています。したがってISSに乗っている人のリンパ球を採取することで、癌になるリスクに関して調べることができます。また宇宙に言ってから数日間で、宇宙飛行士の若い赤血球が急に破壊されてしまうと言うことも分かっています。これは無重力状態に体が適応しようとするときに起こる現象ですが、貧血と同じ状態になります。地上でも同じような状態が病気によっては見られることがあるので、重い病気の治療の研究に役に立ちます。これが宇宙での実験で期待されています。