宇宙生活に関して女性宇宙飛行士に求められる適性

宇宙飛行士には男性、女性のどちらでも適性を満たせばなることができます。実際、日本ではこれまでに2名の女性宇宙飛行士が誕生しています。 宇宙飛行士に求められる適性には、英語などの語学力、医学に関する知識を始めとし、工学や科学に興味を持っている人が向いています。 また、宇宙生活をする上で重要となる適性として、 ・他のチーム員と共同作業ができる協調性 ・他国の異文化に対する理解 ・長期間の閉鎖された空間での生活に耐えうる精神的、肉体的な強さが求められています。 また宇宙飛行士は国際宇宙ステーションに滞在し、様々な仕事をしています。宇宙生活の基本は、 朝:起床し、朝食を取り、洗顔など身形を整えます。 その後、地球司令部と作業の確認をし、午前から昼食休憩(1.5時間)をはさみ、午後と合わせて8時間の作業を行います。 その後、筋力を維持するために2時間程度の有酸素運動や筋力トレーニングを行い、夕食後には約1時間の自由時間が与えられています。 休日は週に土日の2日、また各国の祝日が設けられています。 宇宙ステーション内部は地球と同じ1気圧に保たれており、宇宙生活をする上で必要な機能が準備されています。宇宙飛行士の条件として、作業性を考慮して身長165cm以上という規定はありますが、それ以外は男性でも女性でも差別なく適性に適合した人が宇宙飛行士として採用されます。

ISSの女性による実験

現在までに多くの宇宙飛行士が宇宙へと飛び立っています。またそこでたくさんの実験を行っています。そのなかで女性もたくさんいますが、男性と同じようにいくつかの実験に参加をしています。ISSでは地球や将来の生活の活用のために研究材料を集めていますが、ここで実際に行われたものに関しては人体生理学の実験があります。これは宇宙船が浅酌隊に与える影響の調査や、...もっと読む