ISSの第二次長期滞在者スーザン・J・ヘルムズについて

スーザン・J・ヘルムズはアメリカの空軍軍人です。階級は中将で以前にはNASAの宇宙飛行士も務めていました。スーザン・J・ヘルムズは1958年生まれのノースカロライナ州の出身で、高校卒業後に空軍士官学校に入学、航空工学学士号を得ます。空軍士官学校卒業後はアメリカ空軍で武器分離技術者や、空軍士官学校助教授を勤め、1987年には空軍テストパイロット学校で訓練を受けて、カナダ軍でのCF-18のテストエンジニアも務めました。そして1991年にNASAの宇宙飛行士になり、1993年に行われたエンデバーによるSTS-54に参加します。STS-54では追跡データ中継衛星の放出や、広汎性X線分光計によるX線データの収集などの任務を行いました。彼女は計五回の宇宙飛行実績があり、次いで1994年のSTS-64にもミッションスペシャリストとして参加しました。STS-64ではフライトエンジニアとRMSオペレーターを務めたほか、研究装置の放出と回収をする任務も行いました。1996年のSTS-78にもミッションスペシャリストとして参加し、ペイロードコマンダーなどを務めました。2000年のSTS-101にもミッションスペシャリストとして参加します。2001年にはISSの第二次長期滞在乗組員としてSTS-102に参加してロボットアームの設置や運用を行いました。そして2001年のSTS-105でISSから地球に帰還、その後は空軍に戻り軍人としての任務についています。